トップページへ

初代 梅吉の昔話


手打ちうどんイメージ昔、明治時代の頃はな、まんだ(まだ)物々交換ということもしとったもんで(していたので)、
農家の人が小麦を持ってきて、うちで打って茹でたうどん玉と
交換しとったんじゃ。

 水車でついた小麦粉からうどんができたら、
 遠くから見えるように旗を立てて
 「うどんができたぞ!」って、知らせたんじゃ。

そうすると、旗を見て、「梅吉っあん所のうどんができたで、む(も)らいにいくかなぁ。」と、皆が取りにきたもんじゃ。









             TOPへ戻る