トップページへ

手打ちうどん やをよしの由来



当店は、蒲郡でもまだ水車が回っていた明治三十六年、やをよし玄関

  初代梅吉が,二代目義二とともに開業しました。

 当初は、八百屋とうどん屋と菓子を売る店でしたが,

  後に商売をうどんや一本に絞り

              現在にいたっています。


その当時,親しみを込めて呼ばれていた 

   二代目『八百屋の義っちゃん』が転じて、

         「やをよし」の屋号となりました。


機械による製麺がほとんどとなった今日,

    初代からの味と技法を守り,今に伝えています。

 丹精込めた,おいしい手打ちうどんを是非ご賞味ください。




            TOPへ戻る