人目のお客様

未来ある子どもたちのために、大人として見せる背中

愛知県ドッジボール協会
ドッジボール協会

愛知県ドッジボール協会
 理事長   野田 裕司

  日頃の当協会へのご協力ご支援ありがとうございます。
愛知県は全国でも屈指のドッジボール熱の高い地区であり、多くのチームが活動し大会に
出場しています。   子どもたちの健全な成長に寄与するためにも、関わるすべての大人が
手本となるような言動をお願いします。
 1.体罰はもちろん、パワーハラスメントを撲滅しましょう!
       ここ数年、保護者や児童から、監督・コーチ・応援の保護者から受けた、
    パワーハラスメント(一部体罰を含む)の告発が届いています。体罰(暴力)
    は、いかなる事情があっても、絶対に認められません。言葉の体罰(暴力)
    も受け手によっては、心に大きな傷を負わせることになります。
    協会としては、体罰・パワハラを撲滅すべく、今後も真摯に対応して参ります。
 
 2.マナー・モラルの向上に努めましょう!
       かねてより駐車場の件はお願いしていますが、チームによってはいまだに
    徹底されておらず、現地集合としているチームが見受けられます。このような
    身勝手な行動は、会場貸し出しの禁止等大会運営に大きな支障となり、他の
    チームにも迷惑をかける「悪質」な行為です(応援の保護者も同様です)。
    乗り合わせの徹底等、台数制限に努めるとともに、周囲の迷惑となるような
    違法駐車は絶対にやめましょう。今後もこのような常識的なことが守れない
    場合、チームが特定され次第、「出場停止」等の 厳しい対応をとって参ります。
    また、応援席でのマナー違反も散見されます。通路はしっかりと確保し、会場の
    電源等を勝手に使用することの無いようお願い致します。
自らの判断が自己中心になっていないか、自分たちだけが特別扱いになっていないか、今一度
検証していただき、保護者の方への周知徹底をお願いします。     ドッジボールを通して、楽しく
運動し豊かな心身を育むことができるよう、全員で心がけていきましょう。
トップページはこちら